« 真実の行方 | トップページ | キリング・ミー・ソフトリー »

プラトーン

「プラトーン」

製作年:1986年

製作国:アメリカ

監督: オリヴァー・ストーン

出演者  

(クリス・テイラー)  チャーリー・シーン      

(ボブ・バーンズ2等軍曹)  トム・ベレンジャー

(エライアス・グロージョン3等軍曹)  ウィレム・デフォー 

「解説」はオールシネマ オンラインより

実体験を基に描かれた、オリヴァー・ストーン監督によるベトナム映画。クリス・テイラーがベトナムにやって来たのは1967年。大学を中退してまでベトナムに志願したのは、次々と徴兵されてゆく彼と同年代の若者たちのほとんどが、少数民族や貧しい者たちだった事に対する義憤からであった。

だが、いきなり最前線の戦闘小隊に配属されたテイラーにとって、戦争の現実は彼の想像をはるかに超えた過酷なものだった……。

ベトナム戦争を題材にした映画は数多く製作されたが、本作はその中でも傑出した作品だ。とにかく各シーンの描写が凄い。兵士たちの歩く動作、銃器の扱い、スタイル、持ち物、そして雨や泥によって曇りがとれなくなった腕時計や、泥の川で足が腐るなどの湿地帯である環境が生み出す様々な影響。

そういった些細な描写から、照明弾によって揺らめく木々の影や、暗闇の最前線で敵も味方も分からなくなっている狂気の様子、たこつぼの中で待機している兵士の恐怖感などの、まるでそこに立ち会っているかのような臨場感溢れる戦場シーンまで、そのリアルな描写にはまさに驚きの一言。

これらリアルな描写の中に、戦争が生み出す狂気、愚かしさ、ひいてはアメリカ大国の責任を問うストーンの姿がある。アカデミー作品・監督賞受賞。

Platoon

☆☆☆ 観おわってから ☆☆☆

封切り時に一度映画館で観ている映画。今回DVDを借りて24年振りに観た。映画のストーリーも忘れていた。ただベトナム戦争に徴兵される若者は貧困家庭あるいは少数民族に多いという現実は、おそらくこの映画で知ったのではないかと思う。

大まかなストーリーの流れは、北ベトナムを駆逐する任務を全うするボブ・バーンズ2等軍曹と、戦争の意義に懐疑的なエライアス・グロージョン3等軍曹との対立を通して戦争を描いたもの。

そしてそこから訴えたかったのは、虐殺もともなうむごい戦争の実態、軍隊内の軍規の乱れ、兵士間の対立を取り上げて戦争下での集団の行動はいかに理性を相いれないものか、また戦争が人間にもたらす異常な心理を浮かび上がらせて人間のもうひとつの一面である残酷さをリアルな映像で突き付けたということだ。

« 真実の行方 | トップページ | キリング・ミー・ソフトリー »

映画・テレビ」カテゴリの記事