« ヒート | トップページ | 天国の門 »

蜘蛛女

蜘蛛女

製作年: 1993年

製作国:イギリス・アメリカ

監督: ピーター・メダック

出演者: (ジャック・グリマルディ) ゲイリー・オールドマン

      (モナ・デマルコフ)レナ・オリン

      (ナタリー・グリマルデ) アナベラ・シオラ

      (シェリー)ジュリエット・ルイス

      (ドン・ファルコーネ)ロイ・シャイダー

「ストーリー」はウィキペディアより 

ジャック・グリマルディは巡査部長でありながらマフィアにも内通し、報酬を得ていた。同僚からロミオ(色男)と囃される彼は、美しい妻のナタリーと愛し合いながらも、若い愛人シェリーまで囲い、マフィアからの賄賂で潤った快適な生活を送っていた。

ある日、ジャックはマフィアの女殺し屋モナ・デマルコフを護送する任務に就く。モナは美しく強烈な魅力を放っていたが、マフィアのボスのドン・ファルコーネでさえ持て余し怖れるほど狡猾で残忍な女でもあった。

モナから自分を逃がすよう持ちかけられ誘惑されたジャックは、まるで蜘蛛の巣に絡め獲られていく獲物の様に、次から次へと彼女の罠に嵌られ破滅へと追いやられていく。

Kumoonna

☆☆☆ 観おわってから ☆☆☆ 

公開時に一度観た映画。蜘蛛女を演ずる女優が強烈な印象を残して忘れられない映画だったが、二度と観る機会はないだろうと思っていた。それが行きつけのDVDのレンタル屋でお薦めの映画ということで店棚に並んでいるのにびっくりし、飛び上がらんばかりにして借りた。

さて、蜘蛛女とはマフィアの女殺し屋、モナ・デマルコフのこと。もう一人の主役はゲイリー・オールドマンが演ずる巡査ジャック・グリマルティ。この巡査、マフィアに情報を提供することで不法な金をもらって警察官の風上にも置けない卑劣な男だが、どこか憎めのないところもある。

金をもらっては女房にも内緒の場所に隠し、大金に膨れ上がっていく様子にそのつどに小躍りしているお調子者。また女殺し屋モナ・デマルコフに誘惑されてコロッと口車に乗せられるダメ男だ。

ところでゲイリー・オールドマンという俳優を知ったのは「蜘蛛女」が最初。アクの強さを感じた男優だが、もっと強烈だったのがモナ・デマルコフを演じたレナ・オリンという女優。

ジャックが車でモナを移送中、両手は手錠で自由がきかないにも関わらず、後ろから両足で運転中のジャックの首をはがい締めにし、そのはずみで車が暴走し挙句には衝突する。

したたかに胸を打って気絶しているジャックを尻目にモナは車の内側から両足で窓を蹴破って逃走する。手傷を負い、ハイヒールを履き捨てて、びっこを引きながら、すたこら逃げて行くモナの様子におかしみもあったが、しかし、この悪女の振る舞い、いまだかってスクリーンに登場したことのない、あきれ返るくらいにすさまじい所行だった。

そこで今回DVDを観終わってから、興味津々にレナ・オリンという女優を調べてみたら「存在の耐えられない軽さ」にも出演し、主人公の恋人に扮していたあの魅力的なサビーナだったことに、きもをつぶした。

そのことを知ってから、モナがジャックに迫るときに覗いていたパンティが鮮烈なくらいに白く、余計になまめかしく感じた。

« ヒート | トップページ | 天国の門 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1392991/39090100

この記事へのトラックバック一覧です: 蜘蛛女:

« ヒート | トップページ | 天国の門 »