« ベン・ハー | トップページ | ニューオーリンズ・トライアル »

オペラ座の怪人

オペラ座の怪人

製作年: 2004年

製作国:アメリカ、イギリス

監督: ジョエル・シュマッカー

音楽:アンドリュー・ロイド・ウェバー

出演者: 

(ファントム) ジェラルド・バトラー

(クリスティーヌ) エミー・ロッサム

(ラウル)パトリック・ウィルソン

(マダム・ジリー) ミランダ・リチャードソン

(カルロッタ)ミニー・ドライヴァー

「解説」はオールシネマラインより 

世界中を魅了した不朽の名作ミュージカルを絢爛豪華に映画化したラブ・ストーリー。舞台版を手掛けた天才作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバー自身による製作で、男女3人の哀しき愛の物語を壮大なスケールで描く。

監督は「依頼人」「フォーン・ブース」のジョエル・シューマカー。  

1919年のパリ。今や廃墟と化したオペラ座で、かつて栄華を極めた品々がオークションにかけられていた。そして、謎の惨劇に関わったといういわく付きのシャンデリアが紹介された瞬間、時代はその悲劇をもたらした1870年代へと舞い戻る――。

当時、華やかな舞台でにぎわうオペラ座は、一方で、仮面をかぶった謎の怪人“ファントム”の仕業とみられる奇怪な事件の頻発に揺れていた。

そのファントムを、亡き父が授けてくれた“音楽の天使”と信じ、彼の指導で歌の才能を伸ばしてきた若きコーラスガール、クリスティーヌ。

彼女はある時、代役として新作オペラの主演に大抜擢され、喝采を浴びる。幼馴染みの青年貴族ラウルも祝福に訪れ、2人は再会を喜び合う。だがその直後、ファントムが現われ、クリスティーヌをオペラ座の地下深くへと誘い出すのだった…。

Operaza

☆☆☆ 観おわってから ☆☆☆ 

「オペラ座の怪人」は封切時に一度観ている。今回、DVDを借りて7年振りに観た。封切時に映画を観てすっかり気に入り、音楽を集めたCDはすぐに買った。何度も何度も繰り返し聴いた。

ミュージカルの音楽を担当したアンドリュー・ロイド・ウェバーは「キャッツ」「エビータ」なども手掛け、天才作曲家と言われているそうだ。「キャッツ」の中で唄われるメモリーはスタンダード・ナンバーとして広く知られ、多くの歌手に唄われています。素敵な曲です。

「オペラ座の怪人」もそんなナンバーばかりが揃い、いたる場面で美しい曲がちりばめられています。

「オペラ座の怪人」とはオペラ座に住みついている主人公ファントムのこと。子供の頃、旅周りのサーカス団で晒しものになっていたファントムをオペラ座の寄宿生が救い、オペラ座の地下室にかくまう。

地下室はファントムのその後の住処になり、人目を忍んで日々を過ごす。サーカス団で晒しものになっていた理由は顔の右半分が焼けただれて醜かったこと。悪魔の落とし子という宣伝文句で通行人を呼び寄せていた。

ファントムは自分の顔の醜さを苦にし、その負い目から心が素直ではない。しかし、建築、デザイン、音楽など芸術の分野で稀な才能を持ち、天才の面を持つ。

このファントムを音楽の天使として仰ぐのが女性ヒロインのクリスティーヌ。ファントムは音楽の師としてクリスティーヌを指導する一方、ひそかに愛情も抱いていた。ところが、クリスティーヌは幼馴染のラウルという恋人と永遠の愛を誓っていた。

その結果、ファントムとラウルは決闘へともつれこみ、ファントムが敗れてラウルがとどめを刺そうとする。クリスティーヌが止め、ファントムを残し、二人は馬にまたがってその場を去って行く。

さて、ファントムの書き下ろしたオペラ公演の初日、舞台は進行し、突然ファントムが出演者に成代わって登場し、クリスティーヌに切々と愛の歌を唄う。それはまるでオペラの演目ではなく、ファントムの心情をクリスティーヌに吐露しているかのようだ。

クリスティーヌはいぶかしげにファントムの舞台衣装の仮面をはぎ取る。怒りに狂ったファントムは場内のシャンデリアを支えているロープを切り落とし、クリスティーヌを地下へ連れて行く。

落下したシャンデリアが発火してオペラ座が炎上し、逃げ惑う観客者で騒然となる。ラウルはファントムの後を追って地下へ。

この先はファントム、クリスティーヌ、ラウルが三つ巴になってミュージカルが進行し、クルスティーヌはファントムに訴える。私はあなたの顔に恐れを感じない、歪んでいるのはあなたの魂よ、あなたが孤独でないことを示そう、と言ってファントムを抱き寄せてキスをする。

感涙にむせぶファントム。クリスティーヌ、ラウル二人に、早くこの場を立ち去れとファントム。劇団四季で繰り返し演目にのぼっているミュージカルだが、一度は観てみたい。

« ベン・ハー | トップページ | ニューオーリンズ・トライアル »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1392991/42624002

この記事へのトラックバック一覧です: オペラ座の怪人:

« ベン・ハー | トップページ | ニューオーリンズ・トライアル »