« ラストターゲット | トップページ | バビロンの陽光 »

グレイティスト

製作年: 2009年

製作国:アメリカ

監督: シャナ・フェステ

出演者: ( アレン)   ピアース・ブロスナン

       (グレース )  スーザン・サランドン 

       (ローズ )   キャリー・マリガン

       (ライアン)  ジョニー・シモンズ

       (ベネット)  アーロン・ジョンソン

Gureiteisuto

☆☆☆ 観おわってから ☆☆☆ 

ピアース・ブロスナン、スーザン・サランドンなどは著名な俳優なのに、日本ではこの映画は未公開なのだそうだ。上記の二人が両親を演じ、息子のベネットが交通事故で死亡するところから映画はスタートする。

恋人ローズとの初めてのデートの日、車での帰り道に後ろからトラックに追突された。悪ふざけで道路の真ん中に車を止めてしまい、おしゃべりに夢中になったあまりの折悪しくの事故だ。

しかしローズだけは一命を取りとめ、しかも、すでにベネットの子供を身ごもっていた。一方、ベネットの死は両親や弟に癒しがたい精神的なショックをもたらし、家族の結びつきにほころびが生じていた。

そこへローズがベネットの家族のもとに訪れる。ベネットの子供を産むことを告げ、身寄りのないローズはベネットの家族と一緒に過ごすことになった。どうせならベネットと一緒に事故で死んでいたらよかったのにと陰口までたたいていたグレースも次第にローズのひたむきな息子への愛を信じるようになった。

ローズとの同居から次第にベネットの両親や弟にも変化が表われ、再び家族の絆を取り戻す。概略こんな内容の映画だったと思います。

個人的に心に残る場面は映画の結末に挿入したベネット、ローズが初めて言葉を交わす思い出のシーン。

お互いすれ違うたびに気になっていたが、ある日ベネットは思い切ってローズを見送った背後から声をかけた。その時のローズの嬉しそうな表情が実によい。それからローズはおもむろにベネットに向き合って挨拶をする。

« ラストターゲット | トップページ | バビロンの陽光 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1392991/47209339

この記事へのトラックバック一覧です: グレイティスト:

« ラストターゲット | トップページ | バビロンの陽光 »