« グレイティスト | トップページ | 善き人 »

バビロンの陽光

製作年: 2010年

製作国:イラク、イギリス、フランス、オランダ、パレスチナ、アラブ首長国連邦、エジプト

監督:モハメド・アルダラジー

出演者: (アーメッド)   ヤッセル・タリーブ
  

       (イブラヒム)  シャーザード・フセイン
 

      (ムサ)   バシール・アルマジド

「解説」はオールシネマラインより 

イラク出身のモハメド・アルダラジー監督が、フセイン政権崩壊直後のイラクを舞台に、クルド人女性がかつて行方不明になった息子を探すため12歳の孫を連れて繰り広げる過酷な旅を、道中で出会う人々との交流と共に描くヒューマン・ロード・ムービー。

 2003年、イラク北部のクルド人地区。フセイン政権崩壊から3週間。荒涼とした大地を年老いた女性が12歳の孫アーメッドを連れだって歩いていた。それは、かつて戦地に赴いたまま行方不明となった彼女の息子を探す旅。

2人が目指すナシリヤは遥か900キロ彼方。途中、なんとかトラックをつかまえて、運転手に金を渡してバグダットまで送ってもらう。ようやくバグダットにたどり着き、今度はバスターミナルでナシリヤ行きのバスを待つ2人だったが…。

併せてオフィシャル・サイトもどうぞ

Babiron

Babiron1_8

Babiron2_3


Babiron3

☆☆☆ 観おわってから ☆☆☆ 

フセイン政権が崩壊して3週間後のイラク。イラクでは少数民族に属するクルド人の血を引く12歳の少年アーメッドが主人公です。戦地に駆り出されて以来、行方不明になっている父親を捜しにナシリアに向かう息子のアーメッドに祖母のムサ。

ナシリアまでは900キロに及び、交通手段はバクダッドまでが徒歩。途中で運よくトラックに拾われてバクダッドに着く。バクダッドは湾岸戦争の余燼がくすぶり、映画はここから一転してドキュメンタリー風を帯びてくる。

混乱のバクダッドからナシリアまではバスの旅。バスは故障しながらも、ようやく目的地に到着する。生きていることを信じて刑務所を訪ねるが、収容者リストには父親の名前が無い。

係の人にうながされて次に向かったのは集団墓地。ところが集団墓地というのが300箇所もあり、何十万もの身元不明者の遺骨が眠っているとのことだ。

父親の死という冷厳な事実を受け入れざるを得ない結末は哀れだが、ここまで旅の道々で戦禍で人心がすさんでいるとはいえ、クルド人のアーメッドや祖母にやさしく接するアラブの人々がいたことが救いである。

« グレイティスト | トップページ | 善き人 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1392991/47242999

この記事へのトラックバック一覧です: バビロンの陽光:

« グレイティスト | トップページ | 善き人 »